国立市 国分寺市 動物病院

避妊手術・去勢手術について

動物たちの成長とともに発情期はおとずれます。
家族を増やす予定がない、生まれてくる子たちのお世話ができないとお考えの場合には、避妊手術・去勢手術をご検討ください。

避妊手術・去勢手術をお考えの飼い主さまへ

避妊手術や去勢手術は、少なからず性ホルモンのバランスを崩し、生体に影響を与える手術です。
望まれない妊娠の回避や、病気や問題行動の予防のためにというメリットだけではなく、以下のようなデメリットも存在します。
その必要性は、動物種、性別、年齢により違いがありますので、それぞれのメリット、デメリットを十分に理解したうえで行うことが大切です。

犬の去勢手術

 [メリット]

  • 望まない繁殖を防ぐ(生殖能力をなくす)
  • 男性ホルモンの影響を減らす

    疾病の予防(精巣腫瘍、前立腺肥大、会陰ヘルニア、肛門周囲腫瘍など)
    問題行動の軽減(攻撃性、マーキング、マウンディングなど)
    ストレスや体調不良の軽減

  • 日常生活での制限をなくす

    ドッグランやカフェなどの出入りなど

 [デメリット]

  • 生殖能力がなくなる
  • ホルモンバランスの崩れによる影響

    肥満、皮膚病など

  • 手術や麻酔のリスク

    合併症、死亡など

犬の避妊手術

 [メリット]

  • 望まない妊娠出産を防ぐ(繁殖能力をなくす)
  • 女性ホルモンによる影響を減らす

    発情時のストレスや体調不良
    疾病の予防(乳腺腫瘍、子宮卵巣腫瘍、子宮蓄膿症、糖尿病、皮膚疾患など)

  • 発情時による制限をなくす(ドッグラン、カフェなどの出入り)

 [デメリット]

  • 妊娠出産できなくなる
  • ホルモンバランスの崩れによる影響

    肥満、皮膚トラブル、尿失禁など

  • 手術や麻酔のリスク

    合併症、死亡など

猫の去勢手術

 [メリット]

  • 望まない繁殖を防ぐ(生殖能力をなくす)
  • 男性ホルモンの影響を減らす

    疾病の予防
    問題行動の軽減(スプレー、発情症状など)

 [デメリット]

  • 生殖能力がなくなる
  • ホルモンバランスの崩れによる影響

    肥満など

  • 手術や麻酔のリスク

    合併症、死亡など

猫の避妊手術

 [メリット]

  • 望まない妊娠出産を防ぐ(繁殖能力をなくす)
  • 女性ホルモンによる影響を減らす

    発情症状
    疾病の予防(子宮蓄膿症など)

 [デメリット]

  • 妊娠出産できなくなる
  • ホルモンバランスの崩れによる影響

    肥満、皮膚トラブルなど

  • 手術や麻酔のリスク

    合併症、死亡など

去勢手術、避妊手術であっても全身麻酔を行い、体にメスを入れることになります。
少ない確率ではありますが、全国的には実際に死亡するなどの症例が存在します。

より安全な麻酔処置を心がけております。

  • 手術前検査

    当院では避妊手術・去勢手術などの一般的な手術であっても、全身麻酔が必要な場合には必ず、一般身体検査、胸部X線検査、血液検査をしっかりと行い、全身麻酔や手術のリスクを減らします。

  • 手術前管理

    手術の前から鎮静剤・鎮痛剤・消炎剤・抗生剤などを使用し、より安全で安定した麻酔を心がけております。
    これらの薬は手術中の麻酔薬の量を減らすことができ、安全な麻酔に繋がります。また手術前後の動物のストレスも減らし、さらに手術部位の回復も早めてくれます。

  • 手術中管理

    当院では避妊手術・去勢手術などの一般的な手術であっても、全身麻酔が必要な場合には必ず、静脈の確保と気管挿管を行い、また、麻酔器、人工呼吸器、麻酔モニターを使用し、状態の変化をより早く正確に発見し、緊急時にも早急な対応が出来るよう安全な麻酔に努めております。

  • 手術後管理

    手術後、状態の変化を見逃さないよう、医局から入院室の動物達を常に観察できる状況にしております。 また点滴や疼痛管理、感染の予防をしっかり行うことで、全身麻酔や手術による体力の消耗を速やかに改善させるとともに、術後の回復を早め、さらに術後のトラブルを減らします。

避妊・去勢手術
カトレア動物病院 画像082